仕事への取り組み

私たちの役割は、木材を加工して、価値をつくりだすことです。

事業と環境保護の両立をめざし、社会貢献する当社の姿勢は今後も変わることはありません。
2006年、鉄道を使った貨物輸送を積極的に推進している企業に国土交通省が認定する「エコレールマーク」を業界に先駆けて取得しました。

『木を育てる』森林保護事業:約500ヘクタールの社有森で植林、管理を行っています。『価値をつくりだす』ECO生産:間伐材、小径木を大いに利用できる独自製法を採用。木質フローリングとして新たな価値をつくりだします。『空気を汚さない』ECO物流:国内輸送をJRコンテナにモーダルシフト!業界初のエコレールマーク認定を受けました。『グローバルエコロジー』グリーン調達:今“木を買う人たち”の質が問われています。私たち北海道パーケット工業は木質材料メーカーとして、サプライヤーまたお客様に対し、木材を取り巻く環境を説明する義務があると思っています。